制度の上手な組み合わせ方

制度の上手な組み合わせ方

1.人件費の補助で組み合わせる
  • 創業補助金/事業承継補助金
  • 小規模事業者持続化補助金
  • 人材開発支援助成金

この3つの制度は、全て、人件費補助の仕組みがあります。時給1000円の方については、3分の2~4分の3程度の補助が受けられる可能性があります。

なお、同じ人に対する人件費補助を、同時期に二重に受け取ることはできません。しかし、時期が違えば、複数の制度を使うことが可能です。

2.ウェブ・集客施策で組み合わせる
  • 創業補助金/事業承継補助金
  • 小規模事業者持続化補助金
  • ものづくり・商業・サービス補助金
  • 人材開発支援助成金

多くの補助金で、ホームページ制作・インターネット広告の補助があります。通常、制作費・広告費の3分の2が補助されます。

さらに、ホームページは、作っただけでは機能しません。記事を増やしたり、広告を上手に運用して、初めて機能します。そこで、そのための外部研修を従業員に実施するために、人材開発支援助成金が使われるケースは少なくありません。

3.店舗のリニューアルオープンや新規事業

店舗をリニューアルオープンする場合や、新規事業を展開する場合、改装費やウェブ施策・地域への案内の配布など、総合的に取り組まなければなりません。

この場合、費用のかかる改装費やウェブ施策については、社内ベンチャーのような形で立ち上げ、創業補助金・事業承継補助金、そして、地域の補助金などを活用します。そして、比較的安価に済む各種広告費は、『小規模事業者持続化補助金』で申請するとお得です。

シェアする