2.どんな補助金・助成金があるのか知りたい

小規模事業者持続化補助金

様々な経費を最大100万円補助

『小規模事業者持続化補助金』の申請がお勧めです。サービス業の場合、フルタイムの従業員が5人以下なら、申請可能です(20人以下でもOKな場合があります)。

  • 補助率は3分の2
  • 最大100万円
  • 毎年もらえる!?
  • ホームページ制作
  • インターネット広告
  • 看板やチラシの作成
  • 新聞折込・ポスティング
  • 書籍の購入
  • アルバイト・社員の人件費 他
申請頻度の多いパターン
  • 個人店舗や小規模店舗(飲食店・美容院 他)
  • フランチャイズ店舗
  • トレーダー・YouTuber(開業届提出済みの場合)
  • 数人規模の中小企業 他

※開業届も出している会社経営者は、個人と法人の両方で申請可能です。

人材開発支援助成金

人件費を1人50万円程度補助 他

パート・アルバイト・契約社員などの人件費は、『人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)』を上手に使うことで、最大半年分程度の補助が受けられます。

  • 時給760円分
  • 最大半年分
  • 育成経費も最大30万円
  • アルバイトOK
  • 契約社員OK
  • 新卒OK
  • 入社3年程度までOK
申請頻度の多いパターン
  • 飲食店のフロア担当・調理担当・店長候補
  • 美容院のアシスタント
  • 中小企業や事務所等の事務員・受付・アシスタント
  • 『キャリアアップ助成金(正社員化コース)』を使いたい従業員 他

キャリアアップ助成金

正社員の確保で1人あたり57万円補助 他

パート・アルバイト・契約社員などを正社員にすると、『キャリアアップ助成金(正社員化コース)』で57万円の補助が受けられます。

  • 1人あたり57万円
  • アルバイトOK
  • 契約社員OK
  • 人件費補助も併用可
申請頻度の多いパターン
  • 飲食店の調理担当・店長候補
  • 美容院のスタイリスト・アシスタント
  • 中小企業の事務員・営業 他

ものづくり系補助金

商品・サービス・設備投資に最大1000万円補助

100万円以下でできる商品・サービスの開発や実験なら、『小規模事業者持続化補助金』(最大100万円)が手軽です。ただし、補助は小規模事業者限定です。小規模事業者以外は、『ものづくり・商業・サービス補助金』(最大1000万円)を申請しましょう。

  • 補助率は最大3分の2
  • 最大1000万円
  • 材料等の購入費用
  • 実験等の費用
申請頻度の多いパターン
  • 新しい設備・ソフトフェアの導入
  • 新しい設備・ソフトフェアの開発
  • 新しいサービスの開発
  • AIの導入 他

創業系補助金

新会社の設立を最大300万円補助

会社の設立時には、『創業補助金』(最大200万円/国が実施)と『創業助成事業』(最大300万円/東京都中小企業振興公社が実施)が受けられます。自分が独立する場合でも、従業員の独立を支援する場合でもOKです。

  • 補助率は3分の2
  • 最大300万円
  • 店舗・オフィスの家賃等
  • ホームページ制作
  • インターネット広告
  • 看板やチラシの作成
  • 新聞折込・ポスティング
  • アルバイト・社員の人件費 他

事業承継補助金

代表者の交代や買収に通常200万円まで補助

代表者が交代した場合や会社を引き継いだ場合には、『事業承継補助金』(最大200万円)が使えます。個人事業主でもOKなので、のれん分けなどの場合にも上手に活用可能です。

  • 補助率は3分の2
  • 最大200万円
  • 店舗・オフィスの家賃等
  • ホームページ制作
  • インターネット広告
  • 看板やチラシの作成
  • 新聞折込・ポスティング
  • アルバイト・社員の人件費 他
申請頻度の多いパターン
  • のれん分けで事業を店舗ごと引き継いだ場合
  • 親からの事業を引き継いでウェブ系の取り組みを強化する場合
  • 企業を買収して新規事業を実施する場合 他

シェアする