補助金のポイント|『支援機関』と『事務局』の違い

支援機関に計画書を提出しますが、これは、申請行為ではありません。

あくまで、必要書類を受け取るための手続きの1つに過ぎないのです。

例えば、『小規模事業者持続化補助金』では、地域の『商工会議所/商工会』に計画書を提出します。

これは、申請ではありません。

地域の『商工会議所』から必要書類を受け取って、それも添付して、『全国商工会議所』又は『全国商工会連合会』が設置する、補助金事務局に対して送付して、申請が完了します。

シェアする

小規模事業者持続化補助金で、採択率100%を達成しました。

平成31年7月31日(水)、小規模事業者持続化補助金が発表になりました。そして、弊社のお客様のプロジェクトはもちろん、弊社のプロジェクトも、個人で企画したプロジェクトも採択され、採択率は完全100%となりました。今後の活動にも、ぜひご注目くださいませ。<参考ページ