申請内容|正社員を増やしたことに対するインセンティブをもらう

  • キャリアアップ助成金
  • 人材開発支援助成金
  • 小規模事業者持続化補助金
  • 創業補助金
  • 事業承継補助金 他
利用概要

『キャリアアップ助成金(正社員化コース)』は、言葉の通り、従業員を『正社員化』するだけで、通常57万円もらえます。

この助成金は有名で、これだけを狙う事業者も少なくありません。

もったいない!

『正社員化』するまでに、通常半年間は、『非正社員』として働く期間を設けなければなりません。そうだとすれば、この間に、もっと別の補助金・助成金をもらっておくことができます。

最有力は『人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)』

この制度は、『非正社員』の人件費を、最大半年間分まで補助してくれる制度です。通常、約50万円(760円分×680時間)の補助が受けられると思っておけばよい制度です。

  • まずは『人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)』で50万円の補助を受ける
  • 次に、『キャリアアップ助成金(正社員化コース)』で57万円の補助を受ける

という使い方が可能です。さらに、申請書類も似ていて、非常に申請しやすいです。

何でこんなに使いやすいのかというと、元々は1つの制度として生まれたからです。

当初、『若者チャレンジ奨励金』として生まれました。それが、半年後ぐらいに、『キャリアアップ助成金』の『人材育成コース』と『正社員化コース』になりました。

『人材育成コース』は、2018年に再編成され、現在は『人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)』となりました。

元々は1つの制度で、併用するように作られていました。名前は変わっても、補助の内容はほとんど変わっていません。だから、今でも併用しやすいのです。

『小規模事業者持続化補助金』も併用可

『小規模事業者持続化補助金』にも、『雑役務費』という形で、人件費補助の仕組みがあります。通常最大50万円の補助が受けられます。

実は、一番上手な使い方は、以下の順番で使うことです。

  • まずは『小規模事業者持続化補助金』で人件費補助の補助を受ける
  • さらにその後、『人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)』の助成を受ける
  • 最後に、『キャリアアップ助成金(正社員化コース)』の助成を受ける

こうすることで、正社員化を使う従業員1人に対し、標準でも160万円程度の補助が受けられることになるのです。

シェアする

小規模事業者持続化補助金で、採択率100%を達成しました。

平成31年7月31日(水)、小規模事業者持続化補助金が発表になりました。そして、弊社のお客様のプロジェクトはもちろん、弊社のプロジェクトも、個人で企画したプロジェクトも採択され、採択率は完全100%となりました。今後の活動にも、ぜひご注目くださいませ。<参考ページ