基礎知識|補助金申請の流れ

この通りではないものもあります。必ず要項をご確認下さい。

1.計画の作成
  • 計画書を作成し、必要書類を揃えます。
2.支援機関の書類取得と申請
  • 計画書が完成したら、申請の前に、支援機関に書類を提出します。
  • 支援機関が、公式な確認書類のようなものを交付してくれます。これも申請書類の一部となっております。
  • 支援機関の書類を受け取ったら、補助金事務局に対し、計画書を送付又は電子申請します。
3.採択
  • 通常申請から2か月以内程度で、計画の採否が公表されます。
4.交付申請
  • 通った計画について、必要な経費の見積もり等を取得し、精査して再申請します。
  • 補助金によっては、この手続きが省略・簡略化されているケースもあります。
  • 基本的には計画と同じでよく、そこまで大変ではありません。
5.交付決定
  • 交付申請後、速やかに決定されます。
6.実績報告
  • 期日までに、計画内容を実施し、領収証(振込記録等)を集め、集計し、実績報告として提出します。
  • 支払・完了が期日までに終わっていなければ、絶対に支給されないので、早めに準備します。
    ※クレジットカード払いは、引落しが必須です
7.支給金額の決定通知
  • 実績報告の結果を事務局がチェックし、最終的な支給金額が決まります。
  • 概ね数週間で『決定通知書』が届きます。
8.入金申請
  • 『決定通知書』に書かれた額に基づき、銀行口座などを記入し、入金の申請をします。
  • これを怠ると、いつまでも入金されず、失効する可能性もゼロではないので、注意が必要です。
9.入金
  • 入金申請から数週間で入金されます。

シェアする

小規模事業者持続化補助金で、採択率100%を達成しました。

平成31年7月31日(水)、小規模事業者持続化補助金が発表になりました。そして、弊社のお客様のプロジェクトはもちろん、弊社のプロジェクトも、個人で企画したプロジェクトも採択され、採択率は完全100%となりました。今後の活動にも、ぜひご注目くださいませ。<参考ページ