助成金のポイント|事前準備の基本的な流れ

1.各種ヒアリングを実施します

  • 保険加入の有無
  • 給与計算ルールの確認
  • 従業員の区分等の確認
  • 残業代の支払い状況の確認
  • 申請リスクの確認
ポイント
  • 顧問弁護士がいる会社でも、労務の細かいところまで適法化されているとは限りません。
  • 顧問社労士がいる会社でも、『手続顧問』『給与計算顧問』だけに留まっている場合は少なくないため、労務の細かいところまで適法化されているとは限りません。

2.3点セットを導入・改善する

  • 出勤簿又はタイムカード
  • 賃金・賃金台帳(手当等)
  • 雇用契約書又は労働条件通知書
ポイント
  • いずれの書類も、整備が法律で義務付けられています。
  • これらを準備しておかなければ、従業員とトラブルになった際に、会社の責任が非常に重くなる可能性があります。

シェアする

小規模事業者持続化補助金で、採択率100%を達成しました。

平成31年7月31日(水)、小規模事業者持続化補助金が発表になりました。そして、弊社のお客様のプロジェクトはもちろん、弊社のプロジェクトも、個人で企画したプロジェクトも採択され、採択率は完全100%となりました。今後の活動にも、ぜひご注目くださいませ。<参考ページ