ものづくり補助金|『将来の展望』の書き方

審査基準と書くべき内容
  • 具体的なユーザー
  • 具体的なマーケット
  • 具体的な市場規模
  • 価格的・性能的な優位性
  • 収益性
  • 成果の事業化見込み
  • 目標となる時期
  • 売上規模
  • 量産化時の製品等の価格
書く内容の方針

ここで記述したいことは、「だから、このプロジェクトは成功する」ということです。

どんなユーザーが、どんなマーケットにいるのか。どれぐらいの売上・利益につながる予定なのか。市場の動向など、丁寧な分析に基づく根拠を記述します。

また、競争環境についても、きちんと検討しておきたいところです。何がポイントとなって、競合に対して優位性が保てるのか、きちんと説得しましょう。

なお、実現するための経費も、しっかり検討しておいた方が良いでしょう。利益・費用対効果につながる内容です。整合性があるように、しっかり組み立てたいところです。

シェアする