人材開発支援助成金|上手な申請|シフトを増やせば対象に

就業時間を上手に調整する

週15時間のままだと、申請できません。しかし、週18時間にすると、申請が可能です。

  • 企業側は、細々とした作業をより頼みやすくなる
  • 従業員は、給料が増える
  • 周りの従業員も、自分の負担が減る
  • 助成金が出る分、人件費は下がる

シフトの調整が可能であれば、1日当たりの稼働時間を1~2時間増やしてもらって、助成金をもらった方が、オトクになります。

試算
週16時間勤務 週20時間勤務
時給 1,000円 時給 1,000円
週給 16,000円 週給 20,000円
月給 約64,000円 月給 約80,000円
助成額 0円 助成額 約60,000円
実質 約64,000円 実質 約20,000円

このように、現状のシフトのままでは助成対象にならない方でも、週4時間シフトを増やすことで、上手に助成金を活用することができるのです。

シェアする

小規模事業者持続化補助金で、採択率100%を達成しました。

平成31年7月31日(水)、小規模事業者持続化補助金が発表になりました。そして、弊社のお客様のプロジェクトはもちろん、弊社のプロジェクトも、個人で企画したプロジェクトも採択され、採択率は完全100%となりました。今後の活動にも、ぜひご注目くださいませ。<参考ページ