準備の大変さ④|外注協力の手配

外注をした場合、外注先から、以下の書類を交付してもらう必要があります。

  • 相見積(仕様書通りのもの)
  • 納品書・報告書(仕様書通りのもの)

この、『仕様書通り』というのが厄介なので、注意が必要です。

見積りの時期が厄介

計画書を作成するために、ざっくり見積を取得するとしても、採択まで発注ができません。

業者としては、「早く発注してほしい」「補助金が落ちたらと考えると、そんなに待ちたくない」と考えて当然です。金額によっては、理解・協力してくれる業者がいるだけで、ありがたいかもしれません。

相見積と仕様書が厄介

仕様書と少しでも異なると、『相見積』とみなされなくなってしまう可能性があります。仕様が異なれば、適正な比較ではなくなってしまうからです。

ですから、業者ごとのオリジナルの取り組みなどを、入れることができません。オリジナルの取り組みを反映したければ、『仕様書』を書き直し、相見積先にも出しなおしてもらう必要があります。

実際の手配が厄介

いざ発注となった段階で、以下のような問題が起こる場合があります。

  • 職人さんが確保できない
  • 忙しくなってしまって納期が遅くなる
  • 材料が手に入らない

こういうことをしっかり根回ししておかなければなりません。

シェアする