小規模事業者持続化補助金|経営計画書の考え方

平日のランチは、競合店がラーメン店1店舗(単価600円程度)、ファミレス1店舗(単価800円程度)のみ。12~13時半の間は満席で行列もできる(12時半頃には10人を超える)。

小規模事業者持続化補助金『公募要領』のサンプル

補助金は、練られた施策・有効性の高そうな施策が採択されます。

そういう意味では、「どういう施策をするべきか」「どんな客層に対してアプローチするべきか」という視点で考えることが大切です。そして、競合に関する情報は、その中でも非常に重要な情報です。

  • どのようなメニューを提供しているのか
  • 提供の方法や集客の方法はどのようになっているか
  • 『食べログ』のようなところでどのような評価になっているか

このようなことをしっかりプロファイリングして記載します。

加えて、「どんなファミレスなの?」「コンビニやファストフード、出前は?」「見込みの顧客の分母は?」といったようなことも、丁寧に記載します。

計画書を無料で作成しております。ぜひご相談下さい。

シェアする