はじめての補助金申請|ちはやちょう経営サポート

『経営計画書』の書き方

1.企業概要について

どのような製品やサービスを提供しているかお書きください。また売上げが多い商品・サービス、利益を上げている商品・サービスをそれぞれ具体的にお書きください。

ここでは、自社の自己紹介を行います。どんな業務を行っていて、売上・利益がどのようになっているかについて、品目の表などを使いながら説明します。

なお、公式サンプルでは、概要と3行ぐらいの説明になっていますが、採択されたいと思ったら、これでは全然足りません。

売上・利益や稼働の状況から、自社の課題が何で、それについてどのように解決していくということにつなげやすいようなストーリーを作成し、それを上手にアピールするような説明にしておきたいところです。

2.顧客ニーズと市場の動向

お客様(消費者、取引先双方)が求めている商品・サービスがどのようなものか、また自社の提供する商品・サービスについて、競合他存在や対象と顧客層の増減など売上げを左右する環境について、過去から将来の見通し含めお書きください。

ここは、現在の自社のいる市場と、将来の自社のおかれる市場について記載したいです。

意識したいことは、今の自社の市場がこの通りなので、新しい市場を開拓する。そして、その市場での取り組みに対して、補助金を申請する。その市場はどのような動向になっている。そのようなストーリーで組み立てます。

なお、市場といっても、リアルな店舗の市場・競合と、ウェブでの市場・競合があります。実際に取引が行われているフィールドについて丁寧に書くべきですが、両方に触れておく必要はありそうです。

3.自社や自社の提供する商品・サービスの強み

自社や自社の商品・サービスが他社に比べて優れていると思われる点、顧客に評価されている点をお書きください。

ここでは、以下の3点について、丁寧に記載します。

  • これまで取り組んできた商品・サービスが、現状の市場で既に弱くなってしまっており、新しい取り組みが必要であること
  • 今後の取り組みは、自社の強みを活かすことであること
  • 今後の取り組みは、これまでの商品・サービスを損なうものでなく、自社の取り組みとして整合性があり、既存の顧客にも新規の顧客にも評価され、受け入れられだろうこと

現実には、この項目は非常に書きづらいところだろうと思います。厚く書くというよりは、短くても、自社の売りを丁寧に書くようにしましょう。

4.経営方針・目標と今後のプラン

1.~3.でお書きになったことを踏まえ、今後どのよう経営方針や目標持ちか、可能な限り具体的にお書きください。また方針・目標を達成するためにどのようなプラン(時期と具体的行動)をお持ちかお書きください。

1~3で書いたここは、全てここにつながります。「現状自社はこのように苦しい状態にある、だからこのような取組みをするんだ」というストーリーで、ここまで書いてきているはずです。

そして、ここでは、「何に取り組むのか」を明確にして、具体的な戦術・策を記載します。

なお、より具体的な内容や、予算・効果などは、『補助事業計画書』で記載するので、ここでは、厚く書く必要はありません。