FAQ|キャリアアップ助成金|他の補助金との併用

定番パターン

以下の2つのコースは、元々同じキャリアアップ助成金でした。申請書類も似ており、無理なく併給可能です。

キャリアアップ助成金
(正社員化コース)
  • 計画1か月
  • 非正規6か月
  • 正規6か月
人材開発支援助成金
(特別育成訓練コース)
  • 計画1か月
  • 非正規6か月

『計画1か月』と『非正規6か月』の部分が重なるため、事実上、両方同時に活用するのが一番お得です。

同時に計画を立ててスタートすれば、『人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)』を使っている間に、『キャリアアップ助成金(正社員化コース)』の半年も自動的に実施されているという状態になります。

その他のパターン

  • 創業補助金
  • 小規模事業者持続化補助金
  • 事業承継補助金

いずれも、新規雇用の人件費を補助する制度となっています。これらで雇用した方について、最初は時給制・月給制の非正社員として雇い、半年後に正社員に切り替えると、57万円の支給が受けられます。

シェアする