人材開発支援助成金|訓練の実施と訓練日誌

『訓練開始予定日』になったら、『訓練』を開始します。

いつから開始したかを報告する書式としては、『訓練開始届』という書類があります。それは別ページ<訓練開始届のページ>で紹介していますので、ご参照ください。

さて、どういう訓練をしたかについて、『訓練実施状況報告書(訓練日誌)』という書類に記載しなければなりません。この『訓練実施状況報告書(訓練日誌)』を基準に、助成金額が決定されることになります。

書き方は難しいので、きちんと書き方をチェックしなければなりません。

『訓練日誌』のダウンロード

『訓練実施状況報告書(訓練日誌)』は、こちらからダウンロードします。

公式ぺージ

『訓練日誌』の書き方に注意

『訓練実施状況報告書(訓練日誌)』の書式の扱い方は、以下のように公式パンフレット(ダウンロード)で説明されています。ただし、理解するのがなかなか難しく、しかも書き方は非常に面倒です。間違えないように、しっかり確認しながら記載しなければなりません。

『訓練実施状況報告書(訓練日誌)』の内容

『訓練実施状況報告書(訓練日誌)』の書き方は、公式パンフレット(ダウンロード)で、以下のように記載されています。

実際に何をどれだけ書くべきかという点は、非常に難しい問題です。ハローワークや労働局で確認してみる方が良いかもしれません。

〇 旅費や仮払金の精算などを行った後、帳簿の現金残高と金庫の現金残高の照合を行った。現金は慎重に取り扱い、残高に差異が生じないよう責任を持って取り組んでいこうと思った。

× 今日はとてもためになった。/ 今日は上手にできなかった。明日からは頑張りたい。(理由) 受講内容が不明。単なる感想だけになっている。

× 今日は美容師補助業務を行った。お客様との会話が難しかった。(理由) 受講内容が不明瞭。

× 今日は初めてひとりだけで営業先に行って商品説明をした。初めは緊張したが説明は理解してもらえたと思う。もう少し商品知識を深める必要があると感じた。(理由) 指導者の下で行う実務でなければOJTではない。

シェアする

小規模事業者持続化補助金で、採択率100%を達成しました。

平成31年7月31日(水)、小規模事業者持続化補助金が発表になりました。そして、弊社のお客様のプロジェクトはもちろん、弊社のプロジェクトも、個人で企画したプロジェクトも採択され、採択率は完全100%となりました。今後の活動にも、ぜひご注目くださいませ。<参考ページ