人材開発支援助成金|『Off-JT』とは

『Off-JT』とは

生産ラインまたは就労の場における通常の生産活動と区別して業務の遂行の過程外で行われる(事業内または事業外の)職業訓練のこと

支給対象訓練とならない『Off-JT』の内容
  • 職業または職務に間接的に必要となる知識・技能を修得させる内容のもの(職務に直接関連しない訓練等)(普通自動車免許(第一種)、自動二輪車免許の取得のための講習等)
  • 趣味教養を身につけることを目的とするもの(日常会話程度の語学の習得のみを目的とする講習、話し方教室等)
  • 通常の事業活動として遂行されるものを目的とするもの(コンサルタントによる経営改善の指導、品質管理のマニュアル等の作成・改善または社内における作業環境の構築、自社の経営方針・部署事業の説明会・業績報告会・販売戦略会議、社内制度・組織・人事規則に関する説明会、QCサークル活動、自社の業務で用いる機器・端末等の操作説明会、自社製品や自社のサービス等の説明会、製品の開発等のために大学等で行われる研究活動、国・自治体等が実施する入札に係る手続き等の説明会 等)
  • 実施目的が訓練等に直接関連しない内容のもの(時局講演会、研究会、大会、学会、研究発表会、博覧会、見本市、見学会、座談会 等)
  • 法令において講習等の実施が義務づけられているもの(労働安全衛生法第59条第1項に基づく雇入れ時教育、第59条第2項に基づく作業内容変更時教育、第59条第3項に基づく特別教育、第60条に基づく職長教育、第60条の2に基づく危険有害業務従事者への教育、派遣法第30条の2第1項に基づく教育訓練(入職時から毎年8時間) 等)※なお、当該講習等を受講した者でなければ当該業務に就かせることができないものは除く(労働安全衛生法第61条第1項に基づく技能講習 等)※OJTにおいても支給対象外
  • 知識・技能の修得を目的としていないもの(意識改革研修、モラール向上研修、社内一丸となってのチーム力向上を目指す 等)
  • 資格試験(講習を受講しなくても単独で受験して資格等を得られるもの)、適性検査
支給対象訓練とならない『Off-JT』の実施方法
  • 通信制による訓練等(公共職業訓練施設、専修学校、各種学校等法令に基づき設置された教育訓練施設によって行われる同時双方向型訓練または育児休業中訓練及び中長期的キャリア形成訓練の要件を満たすものを除く)
  • eラーニングなど映像のみを視聴して行う講座
  • 海外、洋上で実施するもの(洋上セミナー、海外研修 等)
  • 生産ラインまたは就労の場で行われるもの(事務所、営業店舗、工場、関連企業(取引先含む)の勤務先など、場所の種類を問わず、営業中の生産ラインまたは就労の場で行われるもの)
  • 通常の生産活動と区別できないもの(現場実習、営業同行トレーニング 等)
  • 訓練指導員免許を有する者、または、当該教育訓練の科目、職種等の内容について専門的な知識・技能を有する講師により行われないもの
  •  訓練の実施にあたって適切な方法でないもの
    • あらかじめ定められたカリキュラムどおり実施されない訓練
    • 労働基準法第39条の規定による年次有給休暇を与えて受講させる訓練
    • 教育訓練機関として相応しくないと思われる設備・施設で実施される訓練
    • 文章、図表等で訓練の内容を表現した教材(教科書等)を使用せずに行う講習・演習 等

シェアする