上手に活用するために

上手に活用するために

はじめに

書類を出すだけで、お金をもらえるというのは、とっても嬉しいものです。そして一昔前は、本当に簡単な書類を出すだけで、百万も二百万ももらえる補助金・助成金がありました。

もちろん、近年は、そういう補助金・助成金は、さすがにもうほとんどありません。

とはいっても、上手に計画を立てて、しっかり準備することで、手軽にもらえるようになる補助金・助成金は、たくさんあります。

大切なのは組み合わせること

個人の方ですら、『ビットコイン』・『ふるさと納税』・『スマートフォン』など、上手にチャレンジして得をしている人がいます。

様々なことに投資をすることが、リスクヘッジにもなり、経験の蓄積にもなります。そして何より、待っていて転がってくる利益はないのです。

しっかり、どん欲に、いろいろな補助金・助成金に取り組んでいけば、長い目で見て、確実に得しているでしょう。加えて、組織内の知識・経験も、間違いなく高く積みあがっています。

大事な視点
  • どんな経費にも、大きい支出であるほど、補助金・助成金があるはずだと考える。
  • もらえるのにもらわないのは、ビジネスチャンスを逸しているのと変わらない。
  • 1つのプロジェクトのままだと1つの補助金しか申請できないが、複数に細分化することで、いろいろ申請できる場合がある。
  • 使うなら、自社のため。手数料を払ってほとんど残っていない上に、手間だけかかった、なんてことにならないように。
実は、私も…

初めて『小規模事業者持続化補助金』と聞いた時、「名前が長くていろいろ面倒くさそう」と思い、申請をしようとは思いませんでした。

実際、一次募集では、忙しかったこともあり、申請自体しませんでした。

その後、二次募集があって、申請を完了しました。ちょっと大変なこともありましたが、入金された時、申請してみてよかったと思えました。

なんというか、ボーナスをもらったような気分(笑)その場で部下を誘って、盛大に飲みに行きました。

補助金・助成金は面倒くさい?

補助金・助成金の責任者をやっていた私でもそう思うのですから、多くの会社の社長・責任者は、もっと「面倒くさそう」と思って当然かもしれません。

しかし、大半の補助金・助成金は、実際にやってみれば、後から「そこまで大変でもなかったかな?」と思えるはずです。

まずは、自社でどんな風に使えるか、確認するところから。一緒に、どういう使い方が一番お得か、確認してみましょう。

シェアする