小規模事業者持続化補助金|審査基準の分析

最大100万円。補助対象経費も多く、使い勝手も良好。毎年受けることも可能なので、 絶対に狙っておきたい補助金。

補助金の審査基準

基礎審査
  1. 必要な提出資料がすべて提出されていること
  2. 「2.補助対象者」(P.48~50)・「3.補助対象事業」(P.51~53)の要件に合致すること
  3. 補助事業を遂行するために必要な能力を有すること
  4. 小規模事業者が主体的に活動し、その技術やノウハウ等を基にした取組であること
加点審査
  • 自社の経営状況分析の妥当性
    • 自社の製品・サービスや自社の強みを適切に把握しているか
  • 経営方針・目標と今後のプランの適切性
    • 経営方針・目標と今後のプランは、自社の強みを踏まえているか
    • 経営方針・目標と今後のプランは、対象とする市場(商圏)の特性を踏まえているか
  • 補助事業計画の有効性
    • 補助事業計画は具体的で、当該小規模事業者にとって実現可能性が高いものとなっているか
    • 地道な販路開拓を目指すものとして、補助事業計画は、経営計画の今後の方針・目標を達成するために必要かつ有効なものか
    • 補助事業計画に小規模事業者ならではの創意工夫の特徴があるか
    • 補助事業計画には、ITを有効に活用する取り組みが見られるか
  • 積算の透明・適切性
    • 事業費の計上・積算が正確・明確で、事業実施に必要なものとなっているか

経営計画書 公式サンプルの分析

1.企業概要について

どのような製品やサービスを提供しているかお書きください。また売上げが多い商品・サービス、利益を上げている商品・サービスをそれぞれ具体的にお書きください。

ここでは、自社の自己紹介を行います。どんな業務を行っていて、売上・利益がどのようになっているかについて、品目の表などを使いながら説明します。

なお、公式サンプルでは、概要と3行ぐらいの説明になっていますが、採択されたいと思ったら、これでは全然足りません。

売上・利益や稼働の状況から、自社の課題が何で、それについてどのように解決していくということにつなげやすいようなストーリーを作成し、それを上手にアピールするような説明にしておきたいところです。

2.顧客ニーズと市場の動向

お客様(消費者、取引先双方)が求めている商品・サービスがどのようなものか、また自社の提供する商品・サービスについて、競合他存在や対象と顧客層の増減など売上げを左右する環境について、過去から将来の見通し含めお書きください。

ここは、現在の自社のいる市場と、将来の自社のおかれる市場について記載したいです。

意識したいことは、今の自社の市場がこの通りなので、新しい市場を開拓する。そして、その市場での取り組みに対して、補助金を申請する。その市場はどのような動向になっている。そのようなストーリーで組み立てます。

なお、市場といっても、リアルな店舗の市場・競合と、ウェブでの市場・競合があります。実際に取引が行われているフィールドについて丁寧に書くべきですが、両方に触れておく必要はありそうです。

3.自社や自社の提供する商品・サービスの強み

自社や自社の商品・サービスが他社に比べて優れていると思われる点、顧客に評価されている点をお書きください。

ここでは、以下の3点について、丁寧に記載します。

  • これまで取り組んできた商品・サービスが、現状の市場で既に弱くなってしまっており、新しい取り組みが必要であること
  • 今後の取り組みは、自社の強みを活かすことであること
  • 今後の取り組みは、これまでの商品・サービスを損なうものでなく、自社の取り組みとして整合性があり、既存の顧客にも新規の顧客にも評価され、受け入れられだろうこと

現実には、この項目は非常に書きづらいところだろうと思います。厚く書くというよりは、短くても、自社の売りを丁寧に書くようにしましょう。

4.経営方針・目標と今後のプラン

1.~3.でお書きになったことを踏まえ、今後どのよう経営方針や目標持ちか、可能な限り具体的にお書きください。また方針・目標を達成するためにどのようなプラン(時期と具体的行動)をお持ちかお書きください。

1~3で書いたここは、全てここにつながります。「現状自社はこのように苦しい状態にある、だからこのような取組みをするんだ」というストーリーで、ここまで書いてきているはずです。

そして、ここでは、「何に取り組むのか」を明確にして、具体的な戦術・策を記載します。

なお、より具体的な内容や、予算・効果などは、『補助事業計画書』で記載するので、ここでは、厚く書く必要はありません。

補助事業計画書 公式サンプルの分析

1.補助事業で行う事業名

本事業のタイトルを簡略にお書きください。

ここで書いたことが、採択時に公表されます。30字以内で取り組み内容を要約します。

  • 通販サイトを構築して、新規顧客へのアプローチを目指す

本来なら、このような”簡略”なタイトルが求められているかと思います。しかし、どうせ発表されるなら、少し目立つ、PRになるような記載にしておきましょう。

  • 通販サイト『〇〇』を構築、△△を20代の若者に見てもらう!

こうすれば、自社の主力商品もアピール、新しいサイト名もアピールできていますね。補助金の採択は、国のお墨付きですから、少しでも活用したいところです。

2.販路開拓の取組内容

本事業で取組む販路開拓などの取組について、何をどのような方法で行うか、具体的にお書きください。その際、これまでの自社・他社の取組と異なる点、創意工夫した点、特徴などを具体的にお書きください。

ここの書き方は、他のところと違って、説得というよりは、淡々と以下のことを書きましょう。

  • 何をする
  • それにはいくらかかる
  • どういう特徴があるからこの取り組みは上手く行くと思う

分かりづらいことについては、イメージ写真などを貼っても良いかもしれません。とにかく、取組内容と費用対効果の説明が丁寧になされていれば、問題ありません。

なお、費用対効果の効果については、『4.補助事業の効果』の部分で書くので、ここで書く必要はありません。

4.補助事業の効果

本事業を行うことにより、売上げ、取引などにどのような効果があるか可能な限り具体的にお書きください。その際、事業をおこなうことがその効果に結び付く理由も併せてお書きください。

ここで書くべき内容は、本来ならいくらでも証拠をそろえ、論理的に書くこともできます。しかし、現実にはそこまでしなくても採択されます。 

例えば、インターネット広告であれば、『1クリック単価の想定』と、「だいたいどれぐらいクリックされ、どれぐらいが成約につながりそうだ」といったことを、妄想・願望でも構いませんから書いておきます。

ここでは、綿密な試算は求められていません。「確かに、そういうものかもしれない」と思えるぐらいに説明できていれば、十分採択されます。

シェアする