助成金|正社員の補充を補助

今回ご紹介する制度は、『キャリアアップ助成金(正社員化コース)』という、正社員を増やす場合に通常1人あたり57万円を補助してもらえる制度です。

キャリアアップ助成金(正社員化コース)の概要

正社員化コースとは、
非正規従業員を正社員とする際に
補助を実施することで、
国内の正社員増員を目指す制度です。

補足
・大企業の申請は減額あり
・以下の条件を満たす場合増額あり

・生産性要件
・母子家庭・父子家庭
・勤務地・地域限定正社員制度

申請の流れ

  • 『正社員化制度』を就業規則などに規定する
  • 非正規雇用労働者として半年以上勤務がある者(一定条件の下では半年未満でも可)と正社員として再契約する
  • 半年の勤務及び給与の支払いを完了する
  • 支給申請する

正社員化コースのポイント

  • 『正社員化条項』は、原則的には就業規則に設置する必要がありますが、就業規則の設置義務のない事業所では、就業規則ではない就業ルールや雇用契約書に設定して周知するだけでも構いません。
  • 『正社員化コース』が使える方の大半は『人材育成コース』も併用できることがほとんどです。

正社員化コースの準備

正社員化コースの準備とは、
正社員化コースを実施するために、
就業規則などに『正社員化ルール』を
設置することです。

就業規則の要否

『正社員化ルール』の例

第●条(正規雇用への転換)
勤続●年以上の者又は有期実習型訓練修了者で、本人が希望する場合は、正規雇用に転換さ
せることがある。
2 転換時期は、毎年原則4月1日とする。
3 人事評価結果としてc以上の評価を得ている者又は所属長の推薦がある者に対し、面接及び
筆記試験を実施し、合格した場合について転換することとする。

『キャリアアップ助成金のご案内』(厚生労働省)より

このまま導入しても構いません。

ただし、このままでは実施の際に使いづらいので、
多少のカスタマイズをお勧めします。

カスタマイズの方法は
ブログにて4つの[記事]にしてあります。
よろしければご参照ください。

『正社員化ルール』のポイント

  • 必ずしも就業規則が必要なわけではない(雇用契約書などに定めても良い場合がある)
  • 『キャリアアップ助成金のご案内』(公式案内)の通りに導入すると使いづらい場合がある

正社員化コースの実施

正社員化コースの実施とは、
会社で定めた正社員化ルールに従って、
非正規雇用の労働者と
正社員としての契約を結んだことです。

正社員化実施のポイント

  • 雇用契約書を締結する必要があります
  • 有期→無期の場合には、基本給を5%以上向上する必要があります
  • 『人材育成コース(有期実習型)』の修了者は、半年を待たずに実施することが可能です

申請書類一式

  • キャリアアップ計画書
  • タイムカード
  • 賃金台帳
  • 転換制度が記載されたもの(就業規則・雇用契約書 他)
  • 支給申請書
  • 支給要件確認申立書
  • 正社員化コース内訳
  • 正社員化コース対象労働者内訳
  • 事業所確認票
  • 登記/開業届/ホームページのコピー等
  • 上記の他ハローワーク・労働局から求められた書類

支給申請書の書式

支給申請書|支給要件確認申立書|正社員化コース内訳|正社員化コース対象労働者詳細

支給申請のポイント

  • 従業員の作成書類があります。これは、不正受給を防止するため、正社員とすることを約束していなかったか、どういう条件で雇用されていたかを従業員本人に確認する書類となっています。
  • 最低賃金等を満たしているか、きちんとチェックする必要があります。
  • 支給申請後、書類の修正や再提出を労働局が求めてくる場合があります。
  • 支給申請から概ね半年程度で入金されているようです。

ブログランキングに参加しております。役に立ったと思ったら、以下をクリック頂けるとありがたいです。

にほんブログ村 経営ブログ 経営の基礎知識へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする