補助金|ホームページ制作・ネット広告等に使える補助金

今回ご案内するのは、ホームページの制作や、インターネット広告、店舗・オフィスの改装など、様々なことに使える補助金です。

その名も、『小規模事業者持続化補助金』。正社員の人数20人以下の会社・個人事業主であれば、要検討のお得な補助金となっています。

※注意
記載は公募要項を独自の視点で過去の実績等を基にまとめたものです。補助金の詳細や最新の情報は、公式の発表をご確認頂くか、別途お問合せください。

補助金の概要

1.小規模事業者持続化補助金

  • 最大100万円(通常50万円)が返済不要でもらえます
  • 使った経費の3分の2が後から入金されます
  • 毎年1~数回公募があるので常に準備しておく必要があります
上限が100万円になる場合
  • 従業員の賃金を引き上げる取り組みを行う事業者
  • 買い物弱者対策の取り組み
  • 海外展開の取り組み

2.申請できる事業者

  • 会社及び個人事業主であること(※社長1人の小さいお店なども対象になります)
  • フルタイムの正社員等が20人以下(サービス業等は5人以下)であること
申請できない事業者
  • みなし大企業に該当しないこと
  • 風俗営業法2条(http://katesapo.com/huei2/)に該当しないこと
  • 暴力団等の反社会的勢力と関係を有しないこと従業員の賃金を引き上げる取り組みを行う事業者
  • 申請対象外の事業にあてはまらないこと
対象外の事業

医師 / 歯科医師 / 助産師 / 組合 / 医療法人 / 宗教法人 / 学校法人 / 一般社団法人 / 一般財団法人 / NPO法人 / 農事組合法人 / 社会福祉法人 / 創業予定者 / 任意団体 他

3.補助の対象となる支出

  • 冷蔵庫や商品棚を買うのもOK
  • ホームページ・ランディングページを作るのもOK
  • チラシ・パンフレットの作成やポスティング・街頭配布などもOK
機械装置費

プロジェクター / 会議テーブル・椅子 / ソファ / ホワイトボード / 3Dプリンターなどの高度機器 / オーブン・冷凍冷蔵庫・ワインセラー / CADソフト 他

広報費

ウェブサイトの作成・更新 / チラシ・DM・カタログの外注や発送 / 新聞・雑誌・インターネット広告 / 看板作成・設置 / 試供品・販促品 他

その他

雑役務費(アルバイト代等)展示会等出展費 / 旅費 / 開発費 / 資料購入費(書籍代等)借料 / 専門家謝金 / 専門家旅費 / 車両交通費委託費 / 外注費 他

受給の例

1.飲食店

  • ホームページの制作費用
  • 店舗改装時のテーブル・椅子等の費用
  • イベント時の人件費
  • 業務用冷蔵庫等の購入費用 他

2.従業員数人の製造・小売店

  • ホームページの制作費用
  • チラシ・ショップカードの作成とその配布費用
  • 商品棚の購入費用
  • 製造機器の導入費用 他

3.小規模の会社

  • 打ち合わせブースのソファの購入
  • プロジェクタ・ホワイトボードの購入
  • プランターの購入
  • 接客ブースのエアコンの購入 他

申請の概要

1.申請の流れ

GW頃まで ”地域の”商工会議所で様式4『事業支援計画書』を取得
5月18日(金) [締め切り]”日本商工会議所”に書類一式を提出(消印有効)
7月頃 採択事業者の発表 及び 購入等の開始
7~8月 弊社への報酬等を支払い
12月末日 [締め切り]支払い全て完了(クレジットカードは要注意)
翌1月10日(木) [締め切り]実績報告書の提出(必着)
翌2月頃 最終的な補助金額の通知 及び 振込先口座番号の提出
翌3月頃まで 補助金の振込
様式4『事業支援計画書』について
  • ”地域”の商工会議所への提出は、最終的な申請ではありません!
  • 取得にあたっては、通常、商工会議所に2回行く必要があります。(1回は計画書の提出、2回目は『事業支援計画書』の取得)
  • 場合によっては、30分~1時間程度の面談を求められる場合があります。また、複数回の来所を求められる場合もあります。
  • どんなに計画を作りこんでいっても、ほぼ必ず、修正事項を伝えられます。それには基本的に対応してメールなどで再提出しなければなりません。
  • 取得に概ね1週間かかりますので、GW前までには計画書を提出するようにしましょう。

 2.計画申請時に必要な書類

  • 準備が大変なのは、上限50万円で申請する場合、『経営計画書』と『補助事業計画書』だけです
    (この企画・作成は、経験豊富な弊社にお任せ頂けます)
  • 添付書類も、基本的には手元にあるか、税理士さんに聞けば写しをもらえる書類です
様式1:申請書 原本1部 (記名・押印等のみ)
様式2:経営計画書 原本1部 経営改善の計画を記載
様式3:補助事業計画書 原本1部 経営改善のために何をやるかを記載
様式4:事業支援計画書 原本1部 (商工会議所作成)
様式5:補助金交付申請書 原本1部 (記名・押印等のみ)
電子媒体(CD-R又はUSBメモリ) 1つ (様式1・2・3・5を記録)
添付書類
法人の場合
貸借対照表 写し1部 ※決算期を一度も迎えてなければ不要
損益計算書 写し1部 ※決算期を一度も迎えてなければ不要
※損益計算書がない場合は、確定申告書及び別表4を提出
現在事項全部証明書 原本1部 ※履歴事項全部証明書でも可
個人事業主の場合
直近の確定申告書 写し1部 ※第一表・第二表・収支内訳書(1・2面)または所得税青色申告決算書(1~4面)
※決算期を一度も迎えてなければ、開業届を提出

3.実績報告時に必要な書類

  • きちんと準備しながら進めれば、全く大変ではありません
  • 支給申請時期に慌てて申請しようとすると、発注先が準備する書類が必要な場合もあるため、非常に苦労することになります
補助事業実績報告書 どんなことに取り組んだか概要を説明する作文をし記名押印します
経費支出管理表 支出した費目、金額、支出の内容をエクセルに入力します
取得財産等管理明細表 50万円を超える金額で取得したものの一覧表を作ります
支払い関連書類一式 [見積][発注][納品][請求][支払]に関する書類を揃えます
チェックリスト 支出ごとに書類が揃っているかについてチェックするだけの書類です

お問い合わせ

どんなことでも気軽にお問い合わせ下さい。

■ご連絡の内容
(必須)
各種無料診断してほしい無料相談したい依頼したいその他

■ご連絡の対象
(必須・複数可)
人材開発支援助成金キャリアアップ助成金小規模事業者持続化補助金その他の補助金・助成金その他

■お問い合わせのきっかけ
(必須・複数可)
Yahoo!検索Google検索紹介TwitterInstagramその他

■紹介者名

■会社名・店舗名

■ウェブサイト

■担当者名(必須)

■電話番号(必須)

■E-mail(必須)

■相談内容等

ブログランキングに参加しております。役に立ったと思ったら、以下をクリック頂けるとありがたいです。

にほんブログ村 経営ブログ 経営の基礎知識へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする