キャリアアップ助成金|『正社員化条項』のカスタマイズ

カスタマイズのポイント

検討①|勤続年数条項

転換時期を『原則毎月1日』としておくのが良いでしょう。

例外については、『所属長の許可した場合』以外の内容を盛り込んでも構いません。

『許可した場合など、特別の事情のある場合』ぐらいの書き方をしておけば、柔軟に運用できます。

検討②|転換時期条項

『勤続〇年以上』に設定してしまうと、勤続〇年未満の従業員は、正社員化できないことになってしまいます。

半年程度の人でも転換できるように、『勤続半年以上の者』というような記載が良いと思います。

検討③|転換方法

『面接及び筆記試験を実施』と記載した場合、『両方』を実施していなければ、適切に実施されたことにはなりません。

『面接又は筆記試験あるいはその両方を実施』というような記載であれば、どちらかだけで構いません。

シェアする