ホームページの発注を失敗しないために

見栄えの良かったウェブをいくつか示し、「こんな感じに作ってください」「普通のホームページでいいです」「後はお任せします」とオーダーする経営者は少なくありません。

デザインを示すのはいいのですが、デザインを示して、後は丸投げというスタンスでは、良いホームページは出来上がりません。

デザインを似せればよいのであれば、その気になれば2~3万円で作れてしまいます。ホームページを活かそうと思ったら、デザインは基本であって、大切なのはその先なのです。

あるサイトを参考にしてホームページを作るとしましょう。その参考となるサイトは、「ページ構成」や「デザイン」を考えるための材料にしかなりません。そのことを理解して、ホームページは発注しなければなりません。

ポイント

担当者が理解する

大切なことは、担当者が、ウェブ制作会社のディレクターの方などと、全ての過程できちんと話し合うことです。

担当者が「自社は、こういう目的で、こういうホームページを、予算いくらで手に入れたい」と意識できていなければ、ウェブ制作会社は思い切った提案ができません。どちらかだけ頑張っても、いいホームページは出来上がらないのです。

競合を理解する

ホームページの重要な目的は、競合よりも集客することにもあります。そういう意味でも、競合をしっかり理解することが重要です。

・イメージを合わせる
・競合の現状を学ぶ
・各ページで機能や文章を学ぶ
・予算感覚を得る
・自社は何を強調するか考える

これらを把握するための情報が、競合のホームページなのです。

見栄えよりも構成を大切にする

上の項目でも書きましたように、見栄えの良いだけのホームページは、2~3万円で作ることが可能です。大切なことは、ユーザーが、正しい流れで、必要な情報に辿り着けて、それが集客につながるホームページであることです。

ユーザビリティ

  • 画像やキャッチコピーが適切
  • 情報が必要十分で分かりやすい
  • ページが容易
ウェブ検索順位

  • 全体の構成が適切
  • キーワードの選定・利用が適切
  • ページの作り方が適切

この重要な2つの視点の前では、ウェブの[見栄え]は、料理にとってのお皿でしかありません。どんなにお皿にこだわっても、本来の料理が良くなければ、顧客に評価されることはないのです。

(参考)ウェブ制作の検討手順

作る目的を明確にする まずは、このページの最初のところに書いた「ホームページを作る目的」を明確にします。どんな顧客に、どんな目的で来てもらうか、そのためにはどういう要素が必要そうかを洗い出しておきます。
予算上限を決める 予算の上限を決めます。どのようなCMS(ウェブサイトを更新していくプログラム)を使うか、オリジナルに構築するのか、Wordpressのような汎用CMSで作っていくのか、そういったことがこの段階である程度決まります。
全体のコンセプトを決める 絶対にアピールしておきたいことは何か、できればアピールしておきたいことは何か、それをどのような手段でアピールするか、そういったことを中心に、ページ作りの全体像を考えます。
ページ構成等を考える 全体のコンセプトに従って、ページ割を明確にし、それぞれのページにどういうコンテンツを入れていくか、テキストと手書きのラフ案を中心に構成します。
デザインの方針を決める トップページと個々のページのイメージが、手書きのラフやイメージ図などで決まります。ここまでくると、写真撮影や画像作成などの量もある程度決まるため、やっと見積もりが完成します。

ブログランキングに参加しております。役に立ったと思ったら、以下をクリック頂けるとありがたいです。

にほんブログ村 経営ブログ 経営の基礎知識へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする