助成金事前準備|不支給リスクを削減する

1.最低賃金を満たすよう給与体系を整備する

  • 始業前・終業後の扱いが誤っていないか確認します
  • 休憩の扱いが誤っていないか確認します
  • 給与の項目等が誤っていないか確認します
  • 支払われた給与から逆算して、最低賃金を上回っているか確認します
ポイント
  • 最低賃金は毎年上がっています。
  • お店などでは、最低賃金以下の募集ポスターが貼ってある場合もあるなど、変化に追いついていない場合も少なくありません。

2.残業代が適正になるよう整備する

  • 残業手当の支払われ方を確認します
  • 残業手当・深夜割増などの適用を確認します
  • 未払い状態にある金額を試算します
  • 今後の支払い方法・シフトの組み方等を改善します
ポイント
  • 独自ルールで残業代を支給している企業は少なくありません。
  • 支払いルールを簡略化し、未来の『未払い残業リスク』を削減しましょう。

3.従業員の退職リスクを削減する

  • 雇用契約書又は労働条件通知書
  • 就業規則類
  • 引継ぎ規定
  • 退職願
ポイント
  • 従業員の退職管理は、助成金の申請上非常に重要です。
  • 従業員の退職管理が不適切だと、『会社都合退職』又は『解雇』を生みます。
  • 『会社都合退職』や『解雇』があると、助成金が不支給となるため、注意しなければなりません。

シェアする