本ブログでは、情報を省略したり、独自の表現で記載したりしている箇所があります。手続きに際しては、必ず『公式パンフレット』等でご確認ください。

[HOME]

人材開発支援助成金

概要 ※通年募集

厚生労働省の公式案内ページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/d01-1.html

受給金額

※生産性要件、その他の加算等についての説明は省略しています

Off-JT

賃金助成

  • 1人1時間あたり760円
  • 上限は1200時間まで

経費助成

  • 100時間未満:10万円
  • 100~200時間:20万円
  • 200時間以上:30万円
OJT
  • 1人1時間あたり760円
  • 上限は680時間まで

受給例:6ヵ月の計画の場合

月176時間(22日)勤務で全時間を申請した場合

  • 人件費
    176時間×6か月×760円
    =80万2560円
  • 訓練経費
    最大30万円

よくある質問:「週15時間の人は申請できない?」

確かに、週15時間のままだと、申請できません。しかし、週18時間にすると、申請が可能です。

  • 企業側としても、細々とした作業をより頼みやすくなる
  • 従業員の方としても、わりと楽に給料が増える
  • 助成金が出る分、人件費は下がる

シフトの調整が可能であれば、1日当たりの稼働時間を1~2時間増やしてもらって、助成金をもらった方が、オトクかもしれません。人件費の負担は一時増えますが、最終的にはプラスになります。

申請相談:東京都の場合

東京都の場合

東京労働局
ハローワーク助成金事務センター

03-5332-6925

申請の流れ


管理者紹介

私立開成中学・高校卒
私立上智大学法学部・法学研究科卒

広告代理店
-プランナー
経営コンサルティング会社
-プロジェクトマネージャー
社会保険労務士法人
-補助金・助成金・就業規則責任者
大手学習塾
-教室責任者

法律・広告などの知識をバックグラウンドに、幅広い分野で活躍。大手企業他、官公庁の広告類や就業ルール改定なども実施。

大手学習塾にて、小学校2年生から社会人まで、幅広く指導した経験を活かし、ビジネスでも、「難しい言葉を使わない」「楽しめる」説明で定評。

プライベートでは、趣味としてサッカー・野球・ピアノ。そして、国内外及びオンラインのポーカー大会に参加。5218人が参加した大会で準優勝など。世界一を目指して研鑽中。


シェアする