各種計画書の無料添削 実施中

通常、当日か翌営業日に、こちらからご連絡させて頂きます。なお、情報が正確でない場合や聞き取れないなどの不明な場合には、ご連絡が出来ない場合もございます。その際にはご容赦くださいませ。

補助の概要

  • 2018年12月21日(金)、平成30年度の補正予算案が閣議決定されました。[Link]
  • 2018年10月29日(月)、『ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金』の二次公募の採択事業者が発表されました。[PDF]
  • 2018年10月17日(水)、『事業承継補助金』の三次公募の採択事業者が発表されました。[PDF]
  • 2018年10月1日より、『雇用助成金』の郵送受付が開始されます。[PDF]
  • ものづくり補助金が二次公募を開始しました。締め切りは2018年9月10日(月)消印有効です。[Link]
  • 従業員の人件費(最大約80万円)
  • 正社員の確保(最大約140万円)
  • 人材育成(最大約80万円)

※計画の組み方によって金額は変動します

50~200万円の補助が相場
  • 壁紙・床の改装
  • ダクトの工事
  • 看板の設置
  • エアコンの設置
  • 喫煙所ブースの確保
  • LEDライトの設置 他
50~200万円の補助が相場
  • 応接セット(ソファ・テーブル)
  • プロジェクター
  • 業務用冷凍冷蔵庫
  • 商品陳列棚
  • イベントグッズ
  • 空気清浄機 他
50~200万円の補助が相場
  • ホームページ制作
  • ランディングページ制作
  • インターネット広告
    • Twitter/Instagram/Facebook
    • 食べログ
    • ホットペッパービューティ
    • EPARK 他
  • 商品カタログ
  • 新聞折込チラシ
  • ポスティングチラシ
  • DM
  • 街頭配布(ティッシュ等)
  • ノベルティ配布 他
50~1000万円の補助が相場
  • 店舗の契約
  • 新商品・サービスの試作・開発
  • 開発のための実験等
  • 新設備の設置
  • 工場の設置 他

分かりやすい案内書籍

99
> amazon <

99
> amazon <

99
> amazon <

分かりやすい案内書籍

最新補助金・助成金FAQ

補助金・助成金は絶対お得です。同じ利益を上げるために、通常、どれくらいの経費がかかっているか、計算してみて頂きたいです。

補助金・助成金を上手に活用して、従業員への一時的な報酬にあてたり、オフィスを改善したりということに使っている、そんな社長さん・オーナーさんが、たくさんいます。

書類をきちんと準備するだけで、経費をほとんど使わず、営業マンを疲れさせることなく利益が上げるのです。もらえるものは、もらいたいですね。

『補助金』も『助成金』も、返済不要でもらえるという点では同じで、法律的にも区別されていません。ただ、便宜上、以下のように区別する場合があります。

厚生労働省系の助成金

  • 通年で募集
  • 書類が揃っていれば必ずもらえる

その他の補助金

  • 通常申請期限あり
  • 申請しても落ちる場合がある

 

申請できるかどうかは、補助金・助成金によって異なります。要綱を確認してみる必要があります。

例えば、『小規模事業者持続化補助金』には、以下のような条件があります。

  • 『風俗系』の会社は申請できない
  • 病院・クリニックなどは申請できない
  • 正社員が21人以上いると申請できない
  • 一部業種では正社員が6人以上いると申請できない

個人事業主だから申請できないという補助金・助成金は、基本的にはありません。

なお、創業系の一部の補助金などでは、採択後に『登記すること』、つまり、会社を設立することが条件になっている場合はあります。

助成金を申請する場合、『労災保険』『雇用保険』への加入が必須になっています。

そして、よく、「保険料、高いんでしょ?払いたくないなぁ」というような話を聞きます。

しかしそれは、おそらく誤解に基づきます。

給与が20万円の従業員を1人雇用した場合の、会社の負担金額を見てみましょう。

  • 社会保険料:月28000円程度
  • 労災保険料:月700円程度
  • 雇用保険料:月1200円程度

一般的な会社では、上記のような金額となります。

経営者が通常「高い」と感じるのは、『社会保険料』のみです。それ以外は、大して高くありません。

主な補助金・助成金の報酬基準

事業承継補助金・創業補助金(無料添削/改善提案:着手金2~5万円・採択時報酬18万円/事業計画書作成着手金14万8千円~・採択時報酬40万円)|小規模事業者持続化補助金(無料添削/改善提案:着手金無料・採択時報酬12万円/事業計画書作成着手金3500円~・採択時報酬12万円又は20万円)|ものづくり補助金(無料添削/改善提案:着手金3~5万円・採択時報酬50万円/事業計画書作成着手金14万8千円~・採択時報酬148万円)
各種助成金|顧問契約不要・計画策定0円・雇用契約書0円・就業規則0円・実施サポート0円・支給申請サポート0円|内容によりサポートが大きく異なります。まずは気軽にお問合せください。