はじめての補助金申請

お問い合わせ・ご相談

1.最新情報

実績報告サポート、締め切り間近!

  • 『小規模事業者持続化補助金』の実績報告サポートの初回募集分については、11月20日にデータのお渡しを完了する予定となっております。今後は、以下のスケジュールでお受けいたします。なお、11月の業務負荷によっては、12月度の募集を行わない場合があります。
    • 2019年11月22日(金)11月度締め切り
    • 2019年12月6日(金)12月度締め切り
  • 『小規模事業者持続化補助金』の事業実施期限は2019年12月31日(火)、実績報告の提出期限は2020年1月10日(金)となっております。お早めにご準備ください。
小規模事業者持続化補助金で、採択率100%を達成しました。
平成31年7月31日(水)、小規模事業者持続化補助金が発表になりました。そして、弊社のお客様のプロジェクトはもちろん、弊社のプロジェクトも、個人で企画したプロジェクトも採択され、採択率は完全100%となりました。今後の活動にも、ぜひご注目くださいませ。<参考ページ

2.補助金とは

返済不要
補助金って何ですか?
  • 企業の新しい取り組みなど向けに、国が期間限定で募集する、返済不要の事業資金です。
  • もらえる金額は数万円から数千万円・数億円まで。制度によって異なります。
申請すれば必ずもらえるの?
  • 申請しても、必ずもらえるとは限りません。
  • 全国の企業が対象となっている補助金は、申請した会社のうち、概ね2~6割ぐらいの会社がもらえます。
​どんな会社が申請できるの?
  • 数百万円までの補助金なら、従業員等のいない1人会社個人事業主でも申請可能です。
  • 細かい内容は、補助金によって異なります。事務局に問い合わせて確認するのが確実です。
いつでも申請できるの?
  • いつでも申請できるわけではありません。通常は、毎年春ごろに募集があります。
  • 前年の秋ごろに補正予算案が公表されます。それを見て、どういう補助金が自社にあてはまりそうか、確認しておきます。
個人事業主でもOK
補助金と助成金の区別
補助金と助成金って違うの?
  • 国や公共団体が返済不要で交付するお金について、『補助金』『助成金』などの名称が、バラバラに付いていて、厳密には違いはありません。
  • 分かりやすく区別するために、厚生労働省が交付する雇用に関する補助についてのみ、『助成金』と呼ぶ人は多いです。この場合の『助成金』は、書類に不備がなければ必ずもらえます。
  • 厚労省以外のものは『補助金』と呼ぶ人が多いです。この場合の『補助金』は、『採択』というセレクションが発生します。書類に不備がなくても、計画が優れていなければもらえません。

3.補助金でできること

ウェブ・広告関連

補助金なら、様々なウェブ施策がお得!
ウェブ施策が圧倒的にお得!
  • 補助金を使えば、ホームページ制作費も、ウェブ広告費も、国から3分の2の費用が補助されます。
  • ホームページ制作費は10万以上、ランディングページも10~20万円。それにウェブ広告費。簡単には手が出せません。
  • 食べログ・ホットペッパーといったポータルサイトの広告費も、計画に含めることが可能です。
  • 補助金があれば、対象経費は実質3分の1。普段なら予算で諦めてしまう取り組みにも、思い切ってチャレンジできます。
チラシ・パンフレット・ポスター!
  • チラシやパンフレットを作成する場合、印刷代は大した金額にはなりません。よほど紙質にこだわらない限り、中小企業では、せいぜい2万円といったところです。
  • しかし、デザイン代は、遥かに高くなります。ちょっとしたデザインでも、ちゃんと作ろうとすると、10~20万円かかってしまいます。
  • しかし、それこそ、補助金があるうちに、しっかりしたデザインで作って、データを受け取っておきましょう。
  • 補助金がなければ手に入らないような予算でも、補助金があれば手が届きます。
補助金なら、チラシやパンフレットの発注もお得!
補助金なら、新聞折込やポスティングもお得!
新聞折込・ポスティングもお得!
  • 新聞折込もポスティングも、実施する際には印刷代を含め、1枚だいたい7円程度の費用がかかります。
  • 反響は0.01~0.2%ぐらい、つまり、1万枚配ると、1~20人ぐらいの問い合わせがくる計算です。
  • 「2回か3回実施しなければ意味がない」と言われているため、地域に1万枚を2回配布するとする場合、15万円ぐらいの予算が必要です。
  • しかし、これを補助金で実施すると、実質5万円程度で実施できてしまいます。本当にお得です。
ノベルティなどもお得!
  • 店頭・路上配布用のポケットティッシュ。制作費は1個3円程度。これを2万個作ると6万円。しかし、補助金を使えば、2万円で済んでしまいます。
  • 年末挨拶用のカレンダー。オリジナルで作ると、1個1000円程度かかる場合も。60社に配るなら6万円。しかし、補助金が出る年なら、それも全部で2万円で準備できてしまいます。
補助金なら、ティッシュの配布やノベルティの企画もお得!

その他

補助金なら、人件費もお得!
人件費もお得!
  • アルバイトでも社員でもOK!対象従業員の人件費が、実質3分の1になります。
  • 補助金の『交付決定日』以降の契約であれば、その人の人件費は、補助金の対象になります。
  • 助成金は「解雇したら申請不可」というような条件がありますが、補助金にはそういう制限がありません。
  • だから、何人か雇って、良い人材だけ残すような、お試し雇用だって可能です。
設備・備品の購入もお得!
  • 実質3分の1の値段で買えちゃいます。
  • 飲食店なら、業務用冷凍冷蔵庫はもちろん、グリルや厨房機器、テーブル・チェアなども可能です。
  • 美容院なら、パーマ固定器や脱毛器、マッサージ器なども可能です。
  • 工場の新しい機械、会議室のパーティションやソファなんかも可能。
  • 新しく買いたいものがあるなら、ぜひ、補助金を活用しましょう!
補助金なら、厨房機器など、設備の購入もお得!
補助金なら、改装工事もお得!
改装・工事・看板の設置もお得!
  • 店舗の改装も、ほとんどの内容が補助対象になります。
  • 外壁塗装や壁紙の交換、床の清掃も可能です。
  • ダクトの設置、エアコンの設置、看板の交換も可能です。
  • LEDライトの設置、モニター・プロジェクターの設置、防音室・喫煙室・空気清浄装置の設置も可能です。
新商品・サービスの開発もお得!
  • 実質3分の1の値段でできちゃいます。
  • 新商品の開発の際、費用の高いパッケージの開発や実験費用など。これらも補助金の対象になります。
  • 最高級の松坂牛や高級フォアグラ・高級キャビアなど、普段ならチャレンジしづらい食材でも、試作用に購入して、調理・試食できます。
  • 医療用ベッドや足湯装置、マッサージ機など、集客につながる装置であれば、新サービス用に購入することが可能です。
補助金なら、新商品・サービスの開発や、試作品の購入もお得!

4.補助金のもらい方

計画申請

補助金は、まずは計画が大切!
①計画書を作成します
  • 『事業計画書』『補助事業計画書』『経営計画書』など、補助金によって呼び方が変わります。
  • どんな経営をしてきたか、どんな取り組みをしたいか、費用対効果はどうかについて、計画書の中で説得します。
②支援機関の書類を取得します
  • 計画書が出来たら、地域の商工会・商工会議所や、その他の認定支援機関などに、その計画書を提出します。
  • 支援機関の書類のチェックが終わったら、チェックが完了した旨の書類がもらえます。それをもらったら、ついに申請可能です。
③郵送又はオンラインで申請します
  • 支援機関の書類が終わったら、ついに申請可能です。
  • 登記・決算書などの必要書類を揃え、申請します。
  • なお、今後、全ての補助金の電子化が勧められると考えられます。
④採択及び交付決定を待つ
  • 概ね1~1.5カ月で、補助金を使える事業者を『採択』します。
  • 『採択』されたら、個々の事業の申請内容について、『交付決定』がなされます。この『交付決定』が行われるまで、通常、お金を使い始められません。
  • 『交付決定』を受けるための、追加書類の提出などが必要な場合と、そうではない場合があります。事務局の指示に従います。この手続きはそんなに大変ではないので、早めに行うようにします。
補助金を申請したら、採択を待ちましょう!

実績報告

補助金は、期限までにお金を使いましょう!
①期限までにお金を使い、書類を集める
  • 補助金の定めた期限までに、お金を使います。
  • 見積書・請求書・支払明細などを、きちんと保存しておきます。
支払方法に注意
  • 現金払いが認められるのは、量販店での物の購入など、限られた場合で、その場合でも、様々な条件があります。基本的には、オンラインでの購入で、振込又はクレジットカードでの支払いをお勧めします。
  • クレジットカードの場合、引き落としまで終わっていなければ、補助対象になりません。リボ払いのカードなど、特に注意が必要です。
②実績報告書等を提出する

実績報告のポイント(PDF)

  • 経費を集計して、必要な書類を揃えて、『実績報告書』として、事務局に提出します。
  • 事務局が『実績報告書』を確認し、個々の経費を認定して、初めて補助金額が確定します。
  • 補助金額が確定したら、振込を申請する書類を送付します。
提出期限に注意
  • 実績報告書の提出期限は、実施期間の終了後、10日程度と定められている場合があります。
  • 特に、『小規模事業者持続化補助金』のように、12月31日に実施期間が終了する補助金は、年末年始の準備が困難です。実施しながら準備しておく必要があります。
補助金の実績報告書申請期限に注意です!

5.補助金の例

創業補助金がお得!
①創業系補助金
  • 国が出す、『創業補助金』という制度があります。補助金の上限が200万円。家賃など、幅広い経費が補助対象になるため、補助されれば大きいです。ただし、東京都で10件程度しか採択されないなど、なかなかハードルの高い補助金です。
  • 『東京都中小企業振興公社』という機関が出す『創業助成事業』は、上限が300万円。申請条件は簡単ではありませんが、狙ってみる価値はあります。
②小規模事業者持続化補助金
  • 中小企業・店舗の定番補助金、上限は通常50万円(最大100万円)となっています。
  • 補助の対象経費も幅広く、書籍なども対象になります。書類の準備も比較的楽で、非常に使いやすい補助金です。
  • 毎年申請できるため、ある程度の規模になるまでは、毎年狙っておきたいです。
小規模事業者持続か補助金がお得!
ものづくり・商業・サービス補助金がお得!
③ものづくり・商業・サービス補助金
  • 新商品・新サービスの開発や、設備投資に対し、最大1000万円の補助が受けられます。
  • 補助金額が大きい分、申請の準備・実施も簡単ではありませんが、これほどの額の補助が受けられるものはそんなにありません。100万円を超えるような投資をする時は、活用手段を検討してみるべきです。
④事業承継補助金
  • 代表者が交代した後の新しい取り組みに対して、最大200万円補助する補助金です。
  • 対象となる事業所は多くありません。その分、応募の競争率が低く、採択率は高めです。
  • 元々『創業補助金』から分裂したため、補助対象経費の幅も広く、また、代表者の交代から5年程度は申請できるため、通るまで何回でもチャレンジしたい補助金です。
事業承継補助金がお得!

6.弊社のサポート

ちはやちょう経営サポートの補助金申請はとってもお得!
とってもお得
  • たいていのコンサルティング会社は、ウェブは外注しています。また、たいていのウェブ制作会社は、補助金の申請は外注しています。両方の機能がある場合、ウェブ制作はその会社に頼むしかありません。
  • さらに、たいていのコンサルティング会社・ウェブ制作会社は、チラシやノベルティなどを企画・制作していません。
  • 弊社にお任せ頂ければ、最適な外注先を、写真やイラスト付きでご提案。ほとんど原価に近い形で、予算を組むことが可能です。
とっても楽
  • 安いところを見つけて、自分で発注指示を出し、自分で修正依頼をかけて。これはなかなか大変です。
  • 弊社なら、計画段階で最適・合理的な予算を組み、実施イメージをお伝えし、実施もしっかりサポート致します。
  • 自分はOKを出したり、修正イメージを伝えるだけ。とっても楽に、実施することも可能なのです。
ちはやちょう経営サポートの補助金申請はとっても楽!

報酬の基準

相談料 計画書 顧問料 報酬 実費
無料 0~98000円 原則不要 5~20% 別途

※別途消費税を頂戴いたします

ご提案 0円

  • 弊社の計画書の作成方針などを無料でご提案させて頂きます。

計画書の作成 0~98000円

  • 採択率の高い弊社の計画書を納品致します。
  • 費用については、補助金額・作業量・弊社のかかわり方などによって変わりますので、まずはご相談・お見積をご依頼頂ければと思います。

計画書のチェック 1000円~

  • 「自社で計画書を作ったが、これでいいのか不安」という方は、弊社がレビューし、加筆した方が良いところを指導致します。
  • 書類1枚あたり、1000円からとなります。
  • 1枚の中身は、計画・会社によって大きく異なります。まずはご相談・お見積をご依頼頂ければと思います。
  • チェックによって、新しく作り直した方が良いとなった場合には、差額分だけで計画書を作成致します。
  • 補助金が採択された段階で、報酬を頂戴致します。
  • 報酬額は、費用については、補助金額・作業量・弊社のかかわり方などによって変わります。まずはご相談・お見積をご依頼頂ければと思います。
  • なお、少額の補助金等については。別途ホームページの制作やその他の販促物などを発注頂ける場合、最大100%を免除致しますので、非常にお得に実施できると思います。気軽にご相談ください。

~ 『小規模事業者持続化補助金』の例 ~

※別途消費税を頂戴いたします

基本書類の準備:12000円

  • 実績報告書(様式8)
  • 経費支出一覧表
  • 経費支出管理表
  • 広報費2つまで

経費の集計:1つ3000~9000円

  • まずは、気軽にご相談ください。お電話でお話しさせて頂き、お見積りさせて頂きます。
  • 広報費(ホームページ作成)のように、書類数が少ないものに関しては、1件3000円で集計と報告書への反映を行います。
  • 弊社から積極的な働きかけが必要な案件については、1件5000~9000円、もしくはそれ以上を頂戴する場合もございます。

お問い合わせ・ご相談

■ 興味がある内容 (必須)
とりあえず相談したい計画書の作成計画書のチェックウェブからの集客チラシを使った集客その他の集客実績報告創業系補助金小規模事業者持続化補助金ものづくり・商業・サービス補助金事業承継補助金その他の補助金その他

■ 御担当者様のお名前 (必須)

■ メールアドレス (必須)

■ 電話番号 (必須)

■ 会社名・商号

■ 会社のホームページ

■ 聞きたいこと等

お問い合わせ・ご相談